毎月やってくる生理。

周期が安定していれば、だいたいの予測はつきますが、不安定だといきなりなって焦ることもありますよね。

場合によっては予定変更しないとならないことも・・・

せっかくとったミュゼの予約。
生理くらいでキャンセルしたくない!と感じますが、生理になったら脱毛できない場合もあるので注意しましょう。

 

脱毛できる場合

ミュゼの場合、デリケートゾーン以外の脱毛なら大丈夫!
キャンセルの必要はありません。

施術箇所が多い場合は横になる時間も長くなるので、長時間用のナプキンをつけておくと安心でしょう。

脱毛できない場合

デリケートゾーンの脱毛はできません。

また、痛み止めなどの薬を飲んでいる場合もできません。

生理中は肌が敏感になるのを感じる人もいます。
明らかに、赤みが出やすいなどの不調がある場合は脱毛を諦めた方が良いでしょう。

残念

生理中の脱毛の注意

生理の辛さは個人差があります。

強い痛みや貧血などで動くのが大変な日は、予約をキャンセルした方が良いかもしれません。

施術中は薄着になりますし、冷たいジェルや保冷剤を使うため、身体が冷えて血行が悪くなることも考えられます。
血行が悪くなると、痛みや貧血が悪化する恐れもあるのです。

また、脱毛当日は飲酒やスポーツ、湯船につかるなどの身体を温める行為ができません。

生理中に冷えは大敵!
そのことも踏まえると、無理して生理中に脱毛することはお勧めできません。

お腹が痛い

生理痛の原因は冷え

子宮後屈やホルモンバランス、ストレスなどに加えて生理痛の原因であるのが冷えです。

冷えが原因の生理痛であれば、温めることで緩和ができます。

お腹と背中にホッカイロを貼って温めたりするとラクになりますよ。

『大丈夫』と感じる目安

私自身、生理中はできるだけ寝ていたいタイプなのですが、ミュゼで生理中に脱毛をしたこともあります。

私が『大丈夫だろうな』と感じた判断基準は

  • 薬を飲まなくても痛くない
  • めまいがしない
  • 手足が冷たくならない

でした。

家を出てから帰ってくるまで、体調に心配がないと判断できる程度であれば、生理中でも脱毛しても大丈夫です。

周期を把握しましょう

毎月やってくるものなので、あまり気にしていない人も多いかもしれませんが、生理周期を把握しておくと何かと便利です。

生理前の体調不良(PMS)がある人は、特に知っておくと予定を立てたりする時に参考になりますよ。

方法は、まずはカレンダーに生理になった日をチェックすること。
そして、次の生理が来る前日までの日数を数えます。

大体の場合26日~32日程度ですが、バラつくこともあります。
あまりにも生理までの期間が短かったり、長かったりする場合は、何かの病気も疑われるので、婦人科で相談することをおすすめします。

慣れてきたら、基礎体温を測りましょう。
2000~3000円程度の婦人体温計で、体温のメモリー機能があるものが便利です。

体温計
婦人体温計/プチソフィア 【送料無料】

体温の上がり下がりで、排卵日や生理開始日を予測することもできますよ。